【瀬戸芸】女木島(鬼ヶ島)は電動自転車で巡るのがおすすめ

鬼ヶ島

鬼ヶ島で有名な女木島に行ってきた”ぞの”です。

鬼ヶ島大洞窟にいる鬼たちや、山頂からの景色に魅了されました。

女木島は、電動自転車で巡ると中心部にある作品の鑑賞も捗ります。

鬼ヶ島大洞窟

鬼ヶ島大洞窟までの道のりは、電動自転車を使ってもかなりキツいです。
バスがありますが、混雑が予想されたのでレンタサイクルを選びました。
このあとが巡りやすかったので、この選択は正解でした。

鬼ヶ島大洞窟には、無数の鬼が待ち受けています。

女木島11

女木島12

桃太郎や謎の人にも会うことが出来ます。

女木島10

洞窟を抜けると展望台へと続く道があります。
急な坂道を歩かなければ行けませんが、その疲れを忘れることが出来る絶景が待っていました。

女木島13

女木島7

女木島9

女木島8

女木島中心部

女木島の中心部には、歩いても回ることが出来る範囲に作品が集まっています。
フェリーの本数が少ないため,時間に余裕がない人は自転車で巡るのがおすすめです。

女木島には、個性が強い作品が集まっているように思います。

「I♡湯」を設計した大竹伸朗さんの「女根/めこん」

女木島2

女木島3

依田洋一朗さんの「女木島名画座」

女木島1

レアンドロ・エルリッヒ氏の「不在の存在」

さいごに

女木島は鬼ヶ島として有名ですが、中心部には個性溢れる面白い作品がいっぱいあります。

電動自転車を使って、作品を巡ってみてはいかかでしょうか?

瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック
現代企画室 (2016-03-12)
売り上げランキング: 54

次に読んでもらいたいエントリー

[blogcard url=”https://www.z0n0.com/?p=3384″]

[blogcard url=”https://www.z0n0.com/?p=3361″]

[blogcard url=”https://www.z0n0.com/?p=3346″]

ぞのドットコムはぞの.jpに完全移行しました!

ぞのドットコムは生まれ変わり、今はぞの.jpがすくすくと育っています。

>>新ブログ「ぞの.jp」はこちら




この記事を書いた人

ぞの

セッションが大好きなPoints of You認定トレーナー/身近なコト・便利なモノを紹介するのが好き/Points of You・ガジェット・タスクシュートなど、ライフハックにまつわる記事が得意

MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。

TaskChuteCloud紹介用バナー(2)

TaskChute Cloud初心者向けの使い方

TaskChute Cloudを使いこなすための8つのステップを紹介しています。
時間の使い方を自覚し、自分らしい人生を送るための必須ツールです。