Fitbit「ChargeHR」 付け心地と充電力が素晴らしい

Fitbit chargeHR

Fitbit「ChargeHR」を付け続けている”ぞの”です。

時計は嫌いなのですが、Fitbit「ChargeHR」はずっと付けることが出来ています。

その理由は、付け心地と充電力が素晴らしいためです。

付けていることを忘れる感覚

Fitbit「ChargeHR」

Fitbit「ChargeHR」は、付けていることを忘れることがよくあります。
重さは、わずか25gしかありません。

ゆったり目にベルトの穴を調整するのが正しい付け方のため、手首の締め付け感もありません。
とても軽いため、遊びによって動いても気にならないのです。

お風呂の間だけの充電

Fitbit「ChargeHR」

Fitbit「ChargeHR」は、2日に1度のペースで充電しています。
それもお風呂に入っている20分程度だけです。

たったそれだけの充電時間で、充電切れになることなく使うことが出来るのです。

Fitbit「ChargeHR」は、防水機能はないのでお風呂に入るときは外す必要があります。
そのついでに充電しておけばなくならない充電力に驚きました。

また、Fitbit「ChargeHR」の最長使用時間は、5日間だと公式サイトに記載されています。
大抵のガジェットの充電時間は、紹介されている時間よりも短いですが、Fitbit「ChargeHR」は違います。
5日間の旅をしたときに、充電コードを忘れても動き続けてくれたのです。

さいごに

Fitbit「ChargeHR」を使い続けている理由は、付け心地と充電力だと思っています。

使うために手間をかけることがほとんどない。
このことがFitbit「ChargeHR」の強みの一つだと思います。

あなたもFitbit「ChargeHR」を試してみてはいかがでしょうか?

ぞのドットコムはぞの.jpに完全移行しました!

ぞのドットコムは生まれ変わり、今はぞの.jpがすくすくと育っています。

>>新ブログ「ぞの.jp」はこちら




この記事を書いた人

ぞの

セッションが大好きなPoints of You認定トレーナー/身近なコト・便利なモノを紹介するのが好き/Points of You・ガジェット・タスクシュートなど、ライフハックにまつわる記事が得意

MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。

TaskChuteCloud紹介用バナー(2)

TaskChute Cloud初心者向けの使い方

TaskChute Cloudを使いこなすための8つのステップを紹介しています。
時間の使い方を自覚し、自分らしい人生を送るための必須ツールです。